スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持-事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議の事業仕分け第2弾で対象となった福祉医療機構の「福祉貸付事業」と「医療貸付事業」について、同会議のワーキンググループ(WG)は4月23日、いずれの事業も、現在の体制や規模のまま維持すべきとする判定結果を出した。ただ、同機構の「年金担保貸付事業」と「労災年金担保貸付事業」については、事業の廃止と判定された。

 WGのメンバーらは、福祉、医療の両貸付事業とも、▽窓口が東京本部と大阪支店にしかなく、特に地方の医療機関などは利用しづらい▽貸付の実績自体が減っている-といった問題を抱えていると指摘。また、WGのメンバーの福嶋浩彦氏(中央学院大社会システム研究所教授)は「貸付業務は分離し、相談業務や指導業務に特化すべきではないか」と提案した。一方、同機構側は貸付業務だけを分離するのは困難と反論。議論は平行線をたどった。

 議論終了後に委員の意見を集計した結果、「事業の廃止」が1人、「他法人で実施」が7人、「国などで実施」が1人、「当該法人で実施」が7人となった。この結果を受け寺田学衆院議員は、医療貸付事業、福祉貸付事業とも、効率化などに努めることを前提に「当該法人で実施し、規模も現状を維持する」と判定を下した。


【関連記事】
「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議
PMDA省内仕分け、好意的意見続出
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる-厚労省内事業仕分け
厚労省内事業仕分け、協会けんぽなど対象に―月内予定を発表

<金沢切断遺体>飯沼容疑者を殺人容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
高速料金 首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」(毎日新聞)
豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)
みどりの式典 天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
スポンサーサイト

<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)

 紙の魅力や可能性を再発見してもらおうと、紙専門商社「竹尾」(東京都千代田区)が「竹尾ペーパーショウ2010」を東京駅前の「丸ビル」で開催している。入場無料で18日まで。

 和紙や洋紙など質感の異なる紙で作ったトンネルや、記事が印刷される前の新聞紙、ティッシュペーパーに加工される前の紙ロールなどが展示され、肌触りを楽しむこともできる。竹尾稠(しげる)社長は「普段は気付かないような紙の美しさ、はかなさ、強さなどを体感してもらいたい」。問い合わせは同社販売促進本部(03・3292・3619)。【山田奈緒】

【関連ニュース】
チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
ファーマーズ・マーケット:ビジネス街で特産品PR 東京・丸の内で開催
青空市場:国産食材、ビジネス街から発信 丸の内で販売
チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
のだめカンタービレ:汚い部屋再現、髭男爵ひぐち君「彼女も同じ」 丸ビルで展覧会

<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
道頓堀川に転落し意識不明 阪神高速橋脚の工事中(産経新聞)
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)
「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信(産経新聞)
子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)

<掘り出しニュース>奈良の名物・柿の葉ずし せんとくん「滋賀産米を使ってるんだよ」 滋賀知事を訪問(毎日新聞)

 【滋賀】24日にメーン会場の平城宮跡で開幕する奈良県のイベント「平城遷都1300年祭」の公式キャラクター・せんとくんが15日、嘉田由紀子知事を県庁に訪ね、名物の柿の葉ずしをPRした。

 柿の葉ずしはサバやサケのすしを奈良県特産の柿の葉で包んだ押しずし。今回は同県五條市の大手メーカー「柿の葉すし本舗たなか」が、材料に東近江市産の減農薬米を使っていることから実現した。同社の田中郁子社長は「強い力でプレスする柿の葉ずしには、つぶれない力強い米が必要」と話し、滋賀県内に多いコメ品種「日本晴」が最適と評した。

 また同日は、せんとくんを県キャラクターのキャッフィーやうぉーたんが出迎え。嘉田知事は「小さな子供たちに囲まれているみたい」と笑顔を見せた。【稲生陽】

【関連ニュース】
ゆるキャラ:ゆるっと関西、香港で観光PR 多忙ひこにゃん「欠席」
まんとくん:春日大社参拝
柿の葉ずし:「滋賀産米を使ってるんだよ」 せんとくん、知事を訪問しPR /滋賀
片塩春のおかげ祭り:来て見て楽しい あすから、大和高田・片塩商店街一帯で /奈良
春の交通安全運動:おもいやりの運転を 奈良署がパレード、せんとくんもPR /奈良

民主岐阜県連が党体制の刷新要求、地方組織では初(産経新聞)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)

阿久根市長「中身ない判決、裁判官は見下してる」(読売新聞)

 庁舎内の張り紙をはがしたとして、鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)から懲戒免職処分にされた元係長の男性(45)は12日、処分を取り消した9日の鹿児島地裁判決後、初めて市役所に登庁したが、市側から復職を拒否された。

 市側は判決に基づき、男性を復職させなければならないが、市長は11日付の自身のブログで、「中身のない判決文を見れば、裁判官は私達を見下しているのが分かる」などと、判決を批判している。

 読売新聞は市長にコメントを求めたが、回答はなかった。

防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ-国交省(時事通信)
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
名張毒ぶどう酒事件 惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)
都心と成田をヘリで結ぶサービス、利用料金値下げ

完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)

 宮崎県特産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが5日、宮崎市の中央卸売市場であり、2個入り1箱(約1キロ)が20万円(昨年は7万500円)の高値を付けた。一方、昨年20万円だった東京市場は2万円だった。

 「太陽のタマゴ」は糖度15度以上、重さ350グラム以上などの基準をクリアした希少品。東国原英夫知事のトップセールスで一躍、全国区に。

 20万円で落札した新富町の卸売業者「広瀬」の立本昭太さん(27)は「知事頼みでなく、やっぱり地元が力を入れて応援しないとね」と県外のご祝儀相場が落ち着きをみせる中、生産者を後押し。

 出荷のピークは5月下旬~6月下旬ごろ。昨年より約188トン多い約777トンの生産を見込む。

【関連ニュース】
県:アンテナ店、福岡で24日開店 /宮崎
東国原知事:就任後の経済効果1493億円 「県民の努力の結果」 /宮崎
東国原・宮崎県知事、橋下・大阪府知事を表敬訪問
完熟マンゴー:甘み上々 日南・南郷町で収穫始まる /宮崎
工藤綾乃:東国原知事は「テレビで見るまんま」 宮崎初の国民的美少女が表敬訪問

二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)
<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
深夜、川に飛び込みか 救助の男性死亡 大阪・淀川区(産経新聞)

平沼氏 鳩山元総務相の新党入りに否定的見方示す(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相は5日午後、都内で記者団に対し、先に自民党を離党している鳩山邦夫元総務相について、「党首としては考えていない」などと述べ、結党メンバーには入らないことを示唆した。

【関連記事】
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら
鳩山内閣支持33%に続落 不支持は初の過半数
「与謝野・平沼新党」無党派73%は期待せず
新党を動かしたのは邦夫氏、そして石原知事 きっかけは…
与謝野氏「自民党に明日はない」 新党旗揚げ、議員5人確保

<業過致死容疑>当直医書類送検 適切処置せず死亡 警視庁(毎日新聞)
日本医師会で配達の花発火=けが人なし、脅迫容疑視野に捜査-警視庁(時事通信)
<強風>東西線の上下線ストップ、架線に飛来物(毎日新聞)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向-内閣府調査(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。